ジャーニー吉良のニキビ指導室

自身がニキビに悩んだとこもあるジャーニー吉良がニキビケアを伝授

ニキビ用スキンケアの落とし穴:大人編

大人になっても繰り返し出来るニキビは本当に憂鬱ですよね。
若い頃に出来たものとは異なり、大人ニキビは主にホルモンバランスの乱れや生活習慣が大きく関係しています。
生理前や生理中に出来る人が多いと思いますが、これはまさしくホルモンバランスの影響です。
過剰な皮脂の分泌によって出来るのは若い人特有のもので、大人になってからは皮脂が少ない状態でも、むしろ乾燥が進んだ状態で出来ることもありうるのです。
つまり、若い人が使うような皮脂を抑えるようなケアでは効果が期待できないどころか、悪化を招く可能性もあります。

市販のニキビケア商品を安易に購入してはいけません

市販で売られている多くのニキビケア用のスキンケア商品は、若い人向けの皮脂を抑えることを目的に作られています。
洗顔であれば肌表面の角質を取り除くようなピーリング効果が強いものが配合されていることもありますし、化粧水であればアクネ菌を殺菌する効果がある成分が配合されてる場合が多いです。
しかし、このようなケアは大人にとっては保湿力が不足してしまうので、肌の乾燥を招き、それが原因で肌のターンオーバーが乱れます。
そうすると、肌の状態が不安定になり、肌荒れを起こしやすくしてしまうのです。つまり、大人ニキビを誘発してしまうのですね。ですから、大人には大人のスキンケアが必要です。

大人ニキビ専用のスキンケア

大人ニキビ専用のスキンケア商品であれば、保湿力も高いものになっていますし、洗顔料に無理に角質をはがすような成分が配合されていることも少ないです。
また、専用の商品を使用しない場合でも、保湿をとにかくしっかりとして、食生活などの生活習慣を整えるだけでも十分に効果があります。
また、洗顔のしすぎも肌のターンオーバーを乱す原因になるので、一日に何度も洗顔することも控えた方が良さそうです。